FC2ブログ

Welcome to my blog

甘鯛に〆鯖・・・牡蠣に白魚・・・あぁ・・・

daraodarao

daraodarao




だらおです。


今日はのんびりした一日です。
昨夜は飲みすぎました。

嫁さんと・・・とあるイタリアンの店で飲んでいますと・・・
外の道路から店内を覗き見ながら通り過ぎる輩達。


だらおに気づきなだれ込んできた・・・^^;

仕事関係の後輩たちなんだけど、もう既に酔っ払っていらっしゃる。
お昼の3時から飲んでいるそうな・・・

もうヘロヘロになりながら・・・
だらおの奢りで飲ませろ~~~!と叫んでる。
それも後輩の癖に呼び捨てよ^^;
まぁいい。酔っ払いには慣れているだらお。


まぁ奢るから飲め飲め!
すると^^;容赦なしにワインをどんどん注文してる^^;
ヘロヘロのくせに・・・早くかえれ~!と思うが・・・
だらおは先輩だからね・・・

ワインのボトルを3本開けて・・・だらおがエスプレッソを皆に
飲ませてあげて・・・3人の後輩たちを追い返したよ。
もうこれ以上^^;飲ませるわけにはいかないし・・・


ということで、昨日はワイン5本もとっちゃったよ・・・
なんという輩たち・・・^^;恐ろしい光景でした・・・。





さてさて・・・
今日は福岡最終日の夜・・・
福岡市のだらおの同級生のお友達。もう30年来の友だからね。
城南区のとある居酒屋を予約しておいてくれた。

名前は・・・「木鶏(もっけい)」というお店がそれ。




外からみるとただの居酒屋。
中を見ると・・・座敷には家族連れが2組。
中も普通の居酒屋という雰囲気です。







(ゴマ鯖)


しかし・・・


内容は・・・素晴らしい物がありました。

特に新鮮なお魚系はもう沖縄では無理なほどの食材を使います。

だらおのお友達、だらおが鯖が好きだっいうことを・・・しってる。 






鯖だけでも、生鯖の刺身、〆鯖の刺身、そしてゴマサバ。
それに残った〆鯖を炙ってもらぅ。これだけでも十分のだらお。




さよりのお刺身・・・

それ以外に・・・







珍しいのを頼んだ見たい。
白魚の踊り・・・だね。





もう10年前に沖縄のとある小料理屋で食べたことがある。
この白魚って噛んじゃダメなのね。
口の中に入れてピチャピチャいっている小魚を楽しんで飲み込むそうな。
味わうんじゃなく尻尾が暴れてるのを楽しむためのものだそうな。


可哀想に・・・
それだけの為に・・・食べられちゃうのね・・・

可哀想だから、日本酒の中に入れて弱らせてから・・・
だらおは泣きながら・・・噛んだよ・・・(笑

じゃないと報われない・・・
美味しいとか?そういうものじゃないからね。なんて可哀想な
事をしてくれるんだ。


と言いながら・・・戴きます。






そして穴子のお刺身。
見ていても白くて綺麗だね。コリコリしてて・・・穴子の新鮮な刺身は旨いね。
本当に味わいながら戴きました。



それに加えて・・・
「生牡蠣」を戴きます。。。





あん肝・・・









(炙ってもらった〆鯖・・・)


福岡の食材は本当に豊富でいいですね。
玄界灘と有明海の恵みをいただくことができます。




そのひとつは・・・この貝。
有明海の砂の中に潜っていて、この突起で呼吸をするようです。

「マテ貝」という貝です。








干潟や浅い泥の海に深く潜って棲息していて、干潮時には砂に深く潜っていて、潮が満ちてくると出てくるそうです。


焼くと・・・磯の香りがしてとても美味しいです。
だらおは初の体験かと思います。





びっくりしたのがこれ・・・





甘鯛の唐揚げ・・・です。
贅沢です。
京都ではこれを「グジ」といいますね。
高級魚でお値段もそれなりにしますが、ここではこの唐揚げを950円で
提供しているようです
ありえませんね^^;那覇のお寿司屋さんでも焼いてもらうだけで・・・
●000円はします・・・^^;

ウロコごと揚げていますので、一緒にサクサクしてて美味しいです。









とても綺麗な顔つきの「甘鯛」
見ているだけでも・・・うまそうです・・・


今回も色々と戴きました。




めちゃ大きな器に・・・
タイのカブト煮が運ばれてきました。
鯛本来の鯵を引き出すために、塩で煮ているようです・・・
旨いですが・・・もうお腹が一杯・・・w





福岡はこういったごく普通の居酒屋に見えるようなお店でも・・・
こんな美味しい料理を提供してくれるのですね。

羨ましい限りです・・・




3人でお値段は・・・12000円という感じでした・・・
リーズナブルで美味しい「木鶏」でした。



場所は・・・

大濠公園近くの福岡管轄気象台並び数件のところに位置しております。


是非・・・
お近くの方は・・・




お勧めです・・・





スポンサーサイト



Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply