FC2ブログ

Welcome to my blog

京都 瓢亭(ひょうてい)の朝粥を・・・

daraodarao

daraodarao



だらおです。


今日の一つ目の話題は・・・京都に戻ります。
京都で朝粥を戴きました。





贅沢な・・・お粥です。あさからこのような素敵な朝粥を
戴いていいものなのか???という程、贅沢なお食事です。

お値段から先にお伝えしておきます。






一人4500円です。








京都最後の朝食は・・・ホテルの朝食をパスし
この瓢亭に予約しました。



梅干こぶ茶です・・・





場所は南禅寺まですぐの場所にあります。
京都植物園?にも近いですかね???



だらおはこの瓢亭 別館というところで朝粥を戴きました。




朝粥は朝の8時に予約をしましてタクシーで向かいましたが
7時40分についた時にはまだお客さんは見えていません。

しかし8時ジャストには次々とタクシーが瓢亭別館の前に横付けされて
お年を召された方々が瓢亭を訪れます。


そして・・・


シーンとした中、次々に料理が運ばれてきます・・・










蟹肉ともずくの酢の物・・・











この瓢亭。歴史は幕末の元治元年創業ということで約400年近い歴史が
ある老舗の料亭です。





自家製豆腐の上に海苔です。。。
お出汁がきいていて美味しいです。。。






美しいですね・・・流石です。

味わって戴きます。


何という空間なんでしょう???

他のお客さんを見ておりますと・・・やはり上品ですねぇ・・・
だらお^^;パジャマのような格好しています^^;
田舎者にはちと筐の狭い思いをさせられてしまいますねぇ^^;





この美しい料理の後に・・・お粥がきますが
これにとろ~~~としたお出汁をかけて戴きます。

最初は・・・
出汁なしでいただきますが、お米の炊き方がまたいいw
お出汁をかけなくてもお米の硬さ(お粥なのに・・・)と甘味で
十分いただけます。











それにお出汁・・・





なんという素晴らしさなんでしょ???


だらお^^;もうお粥から目を離しません
とりつかれたかのように戴きます^^;





ここはミシュランの★を獲得した場所なのでしょうか?
お粥だけでなく、夜のお食事をしてみたい・・・ものですが^^;





幾らなんでしょ・・・?と調べてみました。

お昼の懐石料理が23000円~
夜の懐石が・・・27000円~

ということです。

~~~からということですから^^;だらおには到底^^;
無理なお話・・・

でも朝粥で満足出来るだらお・・・幸せです。







京都 瓢亭別館でした。



この後・・・南禅寺に向かいます・・・





スポンサーサイト



Comments 2

There are no comments yet.
ピーモー  
No title

ええですねぇーーー

一度でいいですから頂きたいものですぇ

2013/12/14 (Sat) 11:17 | EDIT | REPLY |   
だらお  
No title

ピーモー>

こんにちは。

お粥がこんなに美味しいものなのか?と・・・
改めて思いました・。。

カオトムとは全く別物・・・です。

2013/12/14 (Sat) 15:30 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply