FC2ブログ

Welcome to my blog

焼肉と母との思い出・・・@叙々苑

daraodarao

daraodarao


年老いた母を連れて食事に出かけることがここ数年増えた。
年齢は88歳。
いつまでも健康で人に迷惑をかけたことの無い母に病気が見つかったのは昨年の12月の事
青天の霹靂だった。
肉が好きな母は肉が食べたいという。

美味しい肉を食べに行こうね・・・と向かったのは「叙々苑 新都心店」

20190106_113723325のコピー
元々、自分にはお金を使わない母、人の為にはいくらでも使うは母は「焼肉ランチS 2500円」で
いいという。
滅多に出かけられないからと焼肉ランチB 4500円にしようというが、私はこれでいいという
20190106_113730733のコピー

20190106_114529193のコピー
それでは3人でシェアして食べようという事になった。
焼肉ランチBには海老も付いてくる
IMG_1578のコピー

IMG_1583のコピー

IMG_1581のコピー

IMG_1580のコピー

20190106_115824229のコピー
流石に美味しいキムチ
20190106_115959847のコピー


20190106_120813046のコピー
酒好きな父は肝臓がんで亡くなった。酒の飲み過ぎに気をつけろという母。
今は毎日、病院に見舞いに行くだらお。
いつまでも元気と思っていた母と過ごす時間はあと少し・・・
IMG_1573のコピー

IMG_1575のコピー
母を連れ出して焼肉を食べるのはこの日が最後となった。
IMG_1576のコピー

IMG_1578のコピー

IMG_1585のコピー
今は病室で自分の病気と闘っている母
少しでも一緒に居られる時間を大切にしたいと思う。。。
IMG_1588のコピー
叙々苑のお肉を美味しい美味しいと食べていた母
IMG_1592のコピー

IMG_1598のコピー

IMG_1602のコピー

IMG_1604のコピー

余命1か月・・・


スポンサーサイト



Comments 2

There are no comments yet.
ピーコーナーナー  
余命を知るという事

私の父も病院で闘病の末に亡くなりました。
母は毎日見舞いに行きました。
余命がわかってるのはある意味幸せだとその時思いました。その日が来るまでに残される人も覚悟が出来るからです。その日までお見舞いに行ってやって下さいね。

2019/12/29 (Sun) 12:17 | EDIT | REPLY |   
daraodarao
daraodarao  
Re: 余命を知るという事

> 私の父も病院で闘病の末に亡くなりました。
> 母は毎日見舞いに行きました。
> 余命がわかってるのはある意味幸せだとその時思いました。その日が来るまでに残される人も覚悟が出来るからです。その日までお見舞いに行ってやって下さいね。


昨年の1年間は母に寄りそう1年で、だらおも後悔のないように過ごしました。
今年の初旬に亡くなりましたが、最後のまだ体温が暖かい母をずっと触っていました。

2020/01/24 (Fri) 14:27 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply