FC2ブログ

Welcome to my blog

美味しいお鮨を食べに行ってきた・・・「鮨 いずみ」

daraodarao

daraodarao


先日の週末、お彼岸の為にミヤさんが実家に帰省した。
だらお・・・自由なのね^^

タイ語では「イッサラー」と言いますよww
奥様が帰省して寂しく思う方もいれば、だらおの様に喜ぶ人もいる
煩い事言われなくてもいいからね。

うちはミヤさんが強い



たまには自由がいいw
タイにいる時も自由なのだ^^





さて、本題へと参りましょう




「鮨 いずみ」


カウンター席9席のみね。
大将と女将さんだけで切り盛りしてる夫婦鮨という感じなんでしょうか?
内装は高級感があってもう既に出てくる内容がわかりそうな雰囲気なの

だらおがサッポロ生をorderした頃に博百豊博さんが到着する
そして冷えた生ビールで乾杯っ!


お通しには暖かい「茶碗蒸し」が出てきた。
最初から温まるってのは気分のいいもの。そして美味しい・・・


ビールは10分と持たないので日本酒へ代える。
だらおはすっきり辛口純米「田酒」をorderしてみた。
青森奥入瀬の旅の際は何度か飲んで気に入った酒のひとつなの




博百豊博さんは逆に少し甘めのフルーティな酒をというと
女将さんが出してきたのは薄濁りの「遊穂」というお酒。




これを博百豊博さんとシェアしながら戴くことにします

ここからおつまみが続きます。穴子の稚魚「のれそれ」
目ん玉が黒くて可愛いの^^


そして醤油皿には富士山とお魚の模様で醤油が入りやすいように
凹んでる


天然真鯛が2切・・・凄く歯応えがあって美味しいw
上の真鯛は新鮮な切り身で下のものは昆布締めにしてあるという
両方味わってください・・・と。塩で食べてみる・・・


甘えびが3尾出てきた。
上に乗っかるのは甘えびの味噌・・・を。


だらおの好きな「蛸」

天然の「海ぶどう」は粒が大きく触感がいい

少し醤油をつけて・・・



白子を醤油に漬けて焼いた一品が実にクリーミーで濃厚な味わい

日本酒がなくなったので芋焼酎に替える・・・
ボトルでねw・・・「吉助(きちすけ)」



グラスに氷を入れて、それに2/3の量まで焼酎を入れる
マドラーでひたすらかき混ぜる。少し氷が解けたところで
少し水を垂らすの。
かき混ぜないで飲む。最初の上澄みは水割りで最初のひと口は
ツンッ!とくる感じもなくすっきりと呑める
飲むごとに味が濃くなってくるの。この飲み方が芋焼酎の美味しい
飲み方なのさ。

「ホタルイカ」が出てきた。
新鮮で臭みもなく薄目の醤油味は烏賊を引き立てる・・・


続いて出てきたのは・・・だらおの好物「あん肝」

上に乗っかってるのは奈良漬ではなく「守口漬け」
奈良漬より酒感が弱くさっぱりしてるという・・・
博百豊博さんは苦手らしいが・・・



「鰆の照り焼き」が出てきた。
博百豊博さんは少し火が通りすぎと言っていたなぁ・・・
油の乗りが少し弱いせいかな・??



おつまみだけでも十分満足なコース料理なのであります
さて、ここから握って貰います・・・


続く・・・Coming Soon・・・

那覇市泊又吉通り在 「鮨 いずみ」

スポンサーサイト



Comments 2

There are no comments yet.
白髪海賊団  
No title

のれそれ
美味しいですよね~~💕

高知では名産だったので
沢山いただき、私も嵌りました✨

2018/03/21 (Wed) 17:24 | EDIT | REPLY |   
だらお  
No title

> 6パックさん

のれそれ、いい触感ですね
穴子ではなく、鰻の稚魚といままで思っていました。
穴子なんですね・・・
高知が名産でしたか・・・

2018/03/23 (Fri) 11:21 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply