FC2ブログ

Welcome to my blog

バンコクの街中でガイヤーンを食べる・・・

daraodarao

daraodarao


だらおです


再びタイのバンコクのお話。

朝の10時。
だらおと沖縄からTJ氏の結婚式に参列したお二人とガイヤーンを
食べに行くことにする。
その模様は・・・ココ↓

場所はエカマイ




「サバイチャイ ガイヤーン」というレストランにやってきた。
ここはだらおブログに登場するのは2回目。
場所がエカマイという事でガイヤーンのお店では比較的近場
なの。

到着は午前10時半を回った頃だ。
クーラーの効いた店内もあったけど、風が気持ちいい外で
食べるのがタイにいる感じがして、だらおは好きなの



朝の10時半、先ずはビールから・・・
ビアチャーンを呑みながら・・・





ガイヤーンが運ばれてきた。そしてお隣には「カオニャオ」が
入る籠。
蓋を開けると「カオニャオ」の特有のいい香り・・・

カオニャオとはモチ米の事。
主にイサーン(東北地方)やラオスで食べられている
バンコクは普通のお米、タイ語では「カオスワイ」という。
綺麗なお米という意味なのですが・・・直訳するとね

タイで高級というか?美味しいお米がある
ジャスミンライスというお米でタイ語では「カオホーンマリー」
といい、とてもいい香りがするお米なのです



そして「ソムタムタイ」
適度な甘みに酸味、そして唐辛子の辛み。。。
何ともいねぇ・・・・不味いわけがない・・・


イサーン3点セットんなのさ。
カオニャオを一つまみして、このソムタムのおつゆにつけて
食べる。最高に旨いのだ。


O氏は「オースワン」をorderした。
オースワンとは小ぶりの牡蠣の卵とじで・・・半生ならちと怖い
まぁ熱を通してるから大丈夫なんだけどね^^;



最後にだらおが「トムセーブ グラドゥーオーンムー」を
orderした。これは豚の軟骨の酸っぱく辛いスープ。


ここのこのスープはそれほど美味しいものではなかったの。
美味しい所のこのスープは絶品なのだ。


これを食べて・・・ホテルに戻るもの、買い物に出かけるもの
各々3人はココ駅で別れます・・・




それにしてもこの敷地はもう10年以上手つかずで草ぼうぼうだ・・・

バンコクスクムヴィット エカマイ在
「サバイチャイ ガイヤーン」




スポンサーサイト



Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply