FC2ブログ

Welcome to my blog

糖質制限ダイエット・・・その5

daraodarao

daraodarao




だらおです。


今日は・・・


糖質制限ダイエットについて整理してみるよ・・・

だらおは今現在血糖値が5.9です。
決して完璧な数値ではないにしろ・・・この年齢ならまぁ合格点というところでしょうか?

まだまだ気を抜いては行けませんが・・・
糖質制限する価値はありますからね。。。

50歳過ぎると何が起こるか分からない・・・調べるにこしたことはない・・・



これは正常なかたがやるものではなく、糖尿病と診断された方や予備軍の方におすすめですが
すべての方にいいと言う訳ではないので、主治医の方にしっかりと相談しながら勧めて戴きたい
と思います。

低血糖も・・・やばいですからね・・・

期限を決めて・・・制限をする・・・というのをお勧めします。。。





ということで・・・
なるべくとらないほうがいい・・・
とってもいい・・・という食品を数値で表記していきたいと思います。



糖質制限にいいものから順にあげていきます。。。

まずは・・・アルコールや飲み物から・・・


1位・・・糖質0・・・ウィスキー、焼酎甲類、ジン、ウォッカ、糖質ゼロの発泡酒 

2位・・・糖質1.5g・・・赤ワイングラス1杯

3位・・・糖質2.0g・・・白ワイングラス1杯

4位・・・糖質2.6g・・・紹興酒グラス1杯

5位・・・糖質3.5g・・・糖質70%発泡酒350ml

*********************************************************************

6位・・・糖質6.2g・・・梅酒グラス1杯

7位・・・糖質8.1g・・・日本酒1合

8位・・・糖質10.9・・・ビール350ml

9位・・・糖質12.7g・・・発泡酒350ml

因みにホッピーは低カロリープリン体ゼロでホップが360ml瓶で100g中に1.7gですから
360mlでは6.21のと糖質が入ります。
ここでは6位の梅酒と同じ程度ということでしょう・・・。


発泡酒は飲まない・・・ほうがいいのでしょうね。。。



ついでに・・・糖質だけではなく、カロリーも書いておきますね。

焼酎180ml・・・262kcal

赤ワイン12%100ml・・・70kcal

日本酒15%100ml・・・105kcal

ウィスキー100ml・・・248kcal


***アルコール類のカロリーは、比較的代謝が早く、体内に残りにくいか?糖質の
  カロリーは残糖量があり、体内にたまりやすいとされています******

カロリーは溜まりにくく、糖質は溜まりやすい。・・・ということは・・・
エンプティカロリーで糖質の低いゼロのアルコールを飲んでいれば・・・飲酒しても
それ程太らない?ということですか・・・






続いて・・・

食事に関してですね。


(Goodなもの・・・)

●レバニラ炒め

●焼鳥塩(砂肝、軟骨つくね、もも、かわ)

●肉野菜炒め

●グリルチキン

●焼き鮭、焼きホッケ、焼さば・・・等

●フランクフルト、から揚げ

●枝豆

●豆腐類

●生ハム

●スモークタン

●漬物

●サラダ

●海老マヨ


(おでんでお勧めなもの・・・低糖質)

●つくね串

●あらびきソーセージ

●つぶ貝串

●牛筋串

●たまご

(おでんでNGなもの)

★もち巾着

★さつま揚げ

★がんも

★厚揚げ・・・



(Badなもの・・・)

★イモ類(ポテトフライ、ポテトサラダ、焼き芋・・・)

★主食系(ご飯、パスタ、焼きそば、うどん、パン・・・)

★煮込み系(肉じゃが、肉豆腐・・・煮もの、砂糖を沢山使う・・・)

★焼き餃子(皮が駄目)

★コロッケ

★メンチカツ

★アメリカンドッグ








ーーー糖質制限で食べてよい食品ーーーーー


●牛肉、豚肉、鶏肉、加工食品(コンビーフ、ハム、ソーセージ、ベーコン)

●魚介類、水煮缶詰、えび、蟹、タコ、イカ・・・・

●乳製品(チーズ、生クリーム、バター、ヨーグルト)

●卵

●豆類(大豆ゆでたもの、加工したもの)

●野菜(あさつき、ごぼう、筍、パセリ、グリーンアスパラ、小松菜、ピーマン、ホワイトアスパラ、しそ、
     ししとう、ふき、ブロッコリー、うど、冬瓜、トマトジュース、ほうれん草、春菊、トマト、三つ葉
     みょうが、なす、もやし、もろへいや、かぶ、ニラ、レタス、カリフラワー、ネギ、胡瓜、大根、白菜)


●種実類(アーモンド、かぼちゃ、松の実、ひまわりの種、胡麻、クルミ、ピーナツ、マカダミアナッツ)

●きのこ類、藻類全般




ーーー糖質制限でNGな食品ーーーーーー


★肉類(味付けの缶づめ)

★魚類(佃煮、練り物製品、味付け缶詰)

★牛乳、ヨーグルト(加糖)

★豆類(大豆(煎り豆)、キナ粉、インゲン豆、金時豆、うずら豆・・・)

★野菜類(かぼちゃ、レンコン、ユリ根、蚕豆、とうもろこし、人参、甘漬け煮もの、ニンジンジュース)

★酒類(清酒、ビール、発泡酒、ワイン、梅酒、白酒)








次に。。。


皆さんが欲して止まない・・・食品、炭水化物の糖質をご紹介。
炭水化物はもう御承知の通りに「糖質」と「食物繊維」とからなっています。


摂取した炭水化物は、消化吸収によってブドウ糖などに分解され、肝臓や筋肉 にグリコーゲンとして
貯えられたり、一部は血液中に血糖として入ります。グ リコーゲンは、空腹時や運動時の血糖値を調整
する働きをしています。


またブドウ糖は、脳や中枢神経系の唯一のエネルギー源でもあり、脳は1分間 に約100mgの割合
でブドウ糖を消費していると言われています。






炭水化物を・・・

メリ ット:適切に減らすと

体内の血糖値の上昇が抑えられる
体内に溜った脂肪がエネルギーとし て消費されやすくなる



デメ リット:過剰に減らし過ぎる

脳が栄養不足となるので、ボーッと したり集中力が続かなくなる
肝臓に貯えられた糖質が分解され、 肝臓機能が低下する
体内タンパク質が分解され、疲労が たまりやすくなる
体内のPHバランスが崩れて血液が酸 性に傾き、「ケトアシドーシス」という昏睡状態を引き起こす


というものであります。。。












そこで、それならばこれらの炭水化物にはどれくらいの糖質が入っているのか?
見てみますね。


★ご飯お茶碗1杯(150g)・・・55.7g

★食パン6枚切り1枚(60g)・・・28.0g

★うどん1玉(240g)・・・51.8g

★中華めん(1玉200g)・・・66.8g

★日本蕎麦1玉(170g)44.2g

★スパゲッティひとり分(100g)・・・72.2g

★さつまいも1/2個100g・・・31.5g

★いよかん1個250g・・・17.7g

★みかん1個100g・・・9.6g

★リンゴ1個250g・・・31.1g

★バナナ1本100g・・・22.5g

★グレープフルーツ100g中・・・8.9g

★レモン100g中・・・9.6g

★葡萄100g中・・・14.4g




(居酒屋OK~!メニュ)

枝豆、冷ややっこ、湯豆腐、お刺身、焼鳥(塩)、焼き魚、煮魚、姿の見える肉類、魚類・・・・・・

(居酒屋NG~!メニュ)

肉じゃが、コロッケ、フライ、天ぷら・・・・・・










いかがでしたか???
糖尿病、糖尿病予備軍の方々が日本には2000万人いるそうです。

もしかしたら???あなたも・・・予備軍?それとも?糖尿病患者?血糖値の高い方々は
この食品を参考に・・・糖質制限してみてはいかがでしょうか?


だらおは・・・この食品の糖質を知ることで、血糖値が正常に戻りましたから
薬に頼らず・・・今日から、食べていい食材と食べてないほうがいい食材を区別してみては?いかがでしょうか?



きっと・・・いい結果が待ち受けていると思います。。。







だらお・・・今朝の体重は・・・63.6kg  継続中・・・









スポンサーサイト



Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply